2012年07月05日 11:54 | Comment(0) | 撮影行
c622n.jpg
 この2枚の写真は若干の焦点距離の違いはあれど、ほぼ似たような作りのピンホールなんです。でも不思議な事に1枚目は中心以外が被っていて、2枚目は中心部が被っている。 ▼
2012年07月02日 22:09 | Comment(0) | 撮影行
c609n.jpg
 カメラ内部の塗装をそこそこ徹底して何とか内面反射の目に付くものを除去。超広角ともなるとピンホールがフィルムと極端に近くなることもあり、ちょっとした金属部分や塗装のテカリも油断できないのが解りました。残るはハッセル用マガジンの光漏れ対策の試し撮りだけです。これが片付かないとどうも気分が悪い。 ▼
2012年06月30日 21:02 | Comment(0) | 撮影行
c58an.jpg
 ハッセル用のマガジンの光漏れが相変わらず止まりません。多分、引き蓋の口からなんです。何度か開けて華奢な遮光片にクッション材を入れて厚みを持たせているのですが、どうしても止まらない。モルトはいずれ腐るからあまり使いたくないのですが、仕方がない、厚手のモルトで少々引き蓋がきついほど入れ込みました。 ▼
2012年06月30日 11:59 | Comment(0) | 撮影行
c591n.jpg
 いやいやいや驚きました! 100均レンズどころか一切お金をかけずにこんな素晴らしい超広角写真が撮れるなんて考えてもみなかった。台所にあったアルミ箔に針で穴を開けて撮るピンホール。穴開けにはちょいと神経を使うけれども、殆ど肉眼では見えないくらいの小さな穴さえ開けられれば見たことも無い超広角な写真が現れる。四隅までしっかり光が回らないのが何とも気分がいい。 ▼
2012年06月24日 23:18 | Comment(0) | カメラ
DSC01030_1.jpg
 マガジンも余っていることだし、また何か作りたいなあ…とうずいて色々考えているうちに、そうだ、ピンホールカメラを作ろうと思い立った。ただ普通にやっても面白くない、超広角用のピンホールにしよう。
 以前途中まで作り置きしてそのままになっていたハッセルマガジン用の木枠を再び加工し、52ミリのフィルターを付けられるようにしてとりあえずカメラは完成。黒ケント紙に針で穴を開けて早速試写となりました。 ▼