2012年06月30日 11:59 | Comment(0) | 撮影行
c591n.jpg
 いやいやいや驚きました! 100均レンズどころか一切お金をかけずにこんな素晴らしい超広角写真が撮れるなんて考えてもみなかった。台所にあったアルミ箔に針で穴を開けて撮るピンホール。穴開けにはちょいと神経を使うけれども、殆ど肉眼では見えないくらいの小さな穴さえ開けられれば見たことも無い超広角な写真が現れる。四隅までしっかり光が回らないのが何とも気分がいい。これまたほんとに面白い世界を知ってしまいました。
 あちこちネットで調べてみると焦点距離によって最適な穴サイズがあるようですが、まあそういう理屈は後回しでもいいでしょう。とにかく撮ってみたい、試してみたいというわけで、幾つか穴を開けて撮ってみるとほんとに面白いです。ことにライズ、超広角でも水平を維持できれば歪みが殆どありません。こんなの今まで見たことが無い。いやー素晴らしく面白い!
 とは言え、まだ若干の光漏れというか、内面反射の様なノイズがある。フィルム送り時のネガの傷もあるようなので、まだまだ悩みは尽きないようです。

c599n.jpg


c59bn.jpg

COMMENTS
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]